Miraculous-Truth’s blog

趣味の音楽やバンドのこと、その他アート、本、映画のことなど

高岡商業VS東海大菅生(地方県立と首都私立の落差も含む)、高校野球

 故郷の高岡商業、私の母校ではないけど、県の代表になったからには応援をと思っていた。
所用でテレビをつけたら、なんともう9回、両親もいつ出るのかはよく知らず、昨日はほぼ一日テレビをつけて時々高校野球にしていたが、今日の予告なども以前と違ってNHKはないままで、今日出ることも知らなかった!
ちなみに応援団や、故郷案内の時間も短くなった気がする、NHK

 金曜日の夕方、四時すぎ、個人的に嫌な出来事というかアクシデントがあり、勝っていたら少しは機嫌が回復したものを、大差で負けていたので、ますます悪化!
両親が西東京の私立とあたる、強い、と帰省した時に時々言っていましたが、あれが富山県代表?、・・幾ら何でも負けるにしても、11対1 {げっ}・・、・・・・・でも頑張ったはずです。

 監督、9回にランナーが出ましたが、以前の新湊VS関東一高だったかな?、の時にせっかくランナー一塁二塁に出たのに、経験してない人を出して、試合をなげましたね、新湊もだったけど今回の高岡も。
 以前の監督さんたちは、富山県全体の高校がそうではなかったけど・・、私たちがいたときは、諦めの試合は9回でもしなかったものですがね・・。
 コールドゲームなくなったしね、あんなに大差つくならコールドありにすれば・・ひどい!!
 
 にしても、都会の私立はスポーツでも他地域や他県から高校でさえスカウトしていると言います。
青森にいる父方のおばさんが、青森代表についていつも、他地域から迎えた選手ばかりで青森代表って言えるのかどうか、その点複雑なんだと毎年のように電話してこられるそうで・・。
 確かに・・、西東京代表だからって、大阪や神戸や四国や九州からもたくさんスカウトしてるかもしれません、私立だから。
 大学の付属高校で、東京にはプロが使う野球場で練習できるし、冬に天気がいいし・・・。

 それに比べると富山は冬は雪が降るし、アルペンスタジアムがあるもののプロに触れる機会は少なく、私立の位置付けは高くなくて、私立自体が少なく、県立高校が頑張って頑張って、全国大会へ。
県立はスカウトがほとんどなく、高校になれば高岡の子供でも富山にいける、富山や呉東地区からも受験にきて通う、その程度です。
 隣の、石川県や新潟県の子達でさえ、いないと思います!

 そんな話が、東京や大阪の私立にあって負けるたびに、家族や富山県内や東北の親戚たちと出ます!
ネットニュースや民放、NHKの他の番組でも取りざたされていますが、昨今、高校野球に限らず、子供たちを地方から都心の大学へ出し、Uターン就職や結婚が増えたり、そのまま都会に残る子供達も増えた最近、地方と首都圏のあり方の違いが、社会問題として取り上げられるまでになってきています。
 高校野球担当の人たちが同じNHKでも知っているかどうか知らないけど、首都は49県のうち、1県だけ。

 首都圏、五大都市も、49のうち、五つだけ。
あまりの違いに、Uターンで戻ってきて、あるいは首都圏の五つのどこかに住むにしても、故郷大好きになる人たちが多く、都会を好まない人が地方には増えています。
 私の友達、高校と言わず、かなりみんなそうです!
大阪、名古屋、東京に出たけれど、みんな誰も都会に出てみたくてでた、都会の大学のある場所で過ごしたことを良かったという人は、一人もいません。

 あまりにも違うから、都会の学校とは何もかもが違うのに、甲子園という場所で、暮らし方も価値観も住宅環境も、何もかもが違うとこ同士が戦って、勝った・負けたっていうのは、無理があると、地方の親御さんたちから、たくさんの苦情が上がっていることも事実です!
私の両親や、東北のおばさんやおじさんたちもです!
まあ都会を知ることは大切でもありますが、都会の子供たちは、地方を知らないままなのに・・・。

 東京にきて驚いた、グラウンドが屋上にあったり、虫取りを知らなかったり、ペットを飼ったことがなかったり、誰かが倒れても声を高校生どうしのスポーツでさえも掛け合わなかつたり、打ち水をお隣の赤ちゃん連れた親御さん(今の人たちじゃなく前の人たち)が知らなかったり、風鈴をご近所の新婚夫婦が知らなかったり、あまりにもマンシヨンが多いこともあるし、自然と暮らした事がなさすぎる!

お年寄りとも・・・ね、自分たちの祖父母でさえ、ろくに関わってない!!。
そんなで勉強やスポーツだけできたって、ダメです!!、それができなくてもダメですが、人柄も大事。
それでは、頭でっかちな、他人に配慮しない、屁理屈しか言わない大人にしかならない!!
なんども東京に住んで、そんな人たちを目にしたことも、付き合って失敗したこともあります。
周りにもいる、本心では、顔も見たくない。

 もちろん、都会の人だからとか地方だからとかだけで、人の良さは決まらないんだけど、暮らし方の違いや自然に対する価値観や感覚の違い、その他の違いは確かにあります、地方と都会の・・。
 高校野球はもう、都会の私立と地方の県立が戦うには、何もかもが違いすぎて、見ていられないという地方の皆さんの声が、スポンサーや、朝日新聞社NHKにも届いているのでしょうか?
勝つのはいつも私立の都心の高校ばかりです、もはや高校野球の意味がないです!、というのが、私の周りの声です!!

高校野球に限らず、国会を地方に移したり、一部・首都移転の話はどうなったのか?、本当は国会にも、一国民として、政治家の皆さんにも、聞きたいです!
地方から出てきて、東京で暮らしているからこそ、最も痛切にに感じることもあります!
高岡は、魚津ももずっと景気が悪かったです、地方を犠牲にした都会の景気保持はあり得ません、東京だけ生き残るなんて、無理です!
東京のスーバーに並んでいるものを見てください、震災の時によくわかった、全て地方から輸入されています、東京で自給自足ができないこと、地震の時にあんなに思い知ったではありませんか!!
スーパーにものがなくなったんですよ!!

国会も、政治家も、スポーツ協会の人たちも、私立の先生方も、自分とこだけっていう目線、なんとかならないのかな!!
東京だけで生きていけるなんて、政治家の皆さん、私立高校や大学の先生方、そしてスボーツ関係者の皆さん、あり得ません。

ちなみに関東一高だったかな、や、東海大菅生ってどういう高校って私立とかじゃなくて、どのぐらいの偏差値なのかとかを知りません。
また私の出身県と比べるのも、あまりに地方と都会でせんなきことです。
生活の仕方や、暮らし方が違うのに、くらべたり競争したりすること自体が、せんなきことです。