Miraculous-Truth’s blog

趣味の音楽やバンドのこと、その他アート、本、映画のことなど

特別番組THE ALFEE Tour Final Radio

 @FMの特別番組、アルフィーの春ツアーファィナルで入る、名古屋のラジオ。
三人のインタビューがあり、ネットでラジオが聴けるようになった最近ようやく・・。
私、ラジコ・プレミアムに入ってますが。

 三人のインタビュー、少しだけ・・・もともと少しづつしかトーク無いんですけど。

 桜井さん、夏のイベントに気合入ってると言われてましたね。
暑さと寝不足に注意してくださいと言われている・・そうです。

 坂崎さん、五月の新曲のために、ある時カスタネットを見に行き?、classic guitar (ガットギター)を持ってるが、レコーディングのために別のを、買った。
クロサワ楽器店の店長さんに後輩がいる?
 高見沢さんが最近、あることで酷く落ち込んだ際に、拓郎さんの「人生を語らず」を坂崎さんが聞かせたら、今までより好きになった。
 人生を語らずは、アルフィーの Going My Wayと似てますが、その前にあったツアーで、ずっと高見沢さんはGoing My Wayを歌われていて、同じことを言われてましたねぇ・・。
 あの時から、いや、その前に、本心はあることで、喉を壊された時から、そんなような気配があり、大変なのかな?と思っていたので、そうかなと思ってました!

 私は、喉を壊された理由までも、思い当たりますがね、・・・。
 そのあとはまあイベントのことなどでしたね・・。

 高見沢さん、2部構成、GS、ペンライトなどの新しい試みについて。
ソロの八月に出る、新しいアルバムについて、新曲もあるが、今までのものは、高音でがならないのを、録音し直している。
 坂崎さんが言われたことは、一切引き継がれず、触れられませんでしたが、ガットギターを新曲に取り入れられたことについては、西本さんとのclassicのconcertことも語られていましたね!。

 坂崎さんは、よほど高見沢さんの本心を、話してしまわれたいみたいでしたね・・m(_ _)m
多分、他のお二人も、お気づきというより、知っておられるんだ、理由を・・。

 このあとは王子の卵で、スポンサーの宣伝でしたね、そのあと、
「あなたに贈る愛の歌」がかかりましたね^_-☆

 アナウンサー?、DJの方、気になったこと、上半期、下半期と言われずに、上期、下期と言われてましたね。
あと・・坂崎さんの時は普通でしたが、高見沢さんの時は・・、流行り言葉とか造語を・・対照的な相手の仕方でしたねぇ?
まあ、アナウンサーの方がそういう風に話されるのは、よほどで無い限り、見たことがないので、ちょっと驚きましたけどね・・(笑)
 まあ、アナウンサー研修厳しいでしょうに・・。

 私たちも、言葉遣いに厳しい職場でしたけどね(°_°)
発声練習もありましたし!
両親も祖父母も、業種違うけど、そういう職業でしたし。
でも、そうでなくても物心つかないお子さんはともかく、社会人なら誰しも、当然のことのはずですね?
アナウンサーにはあんまりいないと思うけどね・・、ロックの人相手だとああなるのか・・。

 でもね、そういう話し方をするかしないか、だけで、私だって人柄を決めたり思いこんだりはしません。
職業上そういう話し方が、できる人と、できない人もいるし、各家庭の育て方もあるし、方言がもともとなのもあとから知ったけれど、理解してます。
 その土地の人たちは、好きに使えばいい。
でも、そうではなくて、・・・他のこともきっと、大事なのです。
それはわかってます、おそらくメンバーも、全員わかっていると思います。