Miraculous-Truth’s blog

趣味の音楽やバンドのこと、その他アート、本、映画のことなど

雑誌付録のポーチ

f:id:Miraculous-Truth:20170818234320j:image

 

最近はびっくりするようなものが千円以内で雑誌の付録につきます。

こちら、ポーチ。

小さいので、旅行の際にお財布とかだけ小分けするとか、そんな使い方しかできないかもしれないけど、悪い品物ではなくなかなかです。

 

青森山田VS東海大菅生、高校野球

 故郷の富山代表・高岡商業を大差で破った東海大菅生、青森の叔母さんが私立で青森代表といっても全国のスカウトよせ集めだから複雑と父に電話でいっていた青森の私立をまた大差で破ったらしい。
 お盆も終わったし、今日は高校野球をのんびり見られない日だったが、それどころかニュースも見ていない、人から聞いて知っただけ、それでネットで確認。
 まあ私立同士でもあれだけの大差ついたか・・・大差すぎてつまらないですね。

 これで、高岡の母の親族のみならず、父の青森と宮城と関東の親戚一同も同様の話題で盛り上がるに違いない!
可笑しいくらいに、運の悪い学校!、また父と叔母さんたちがその話題で話すかもな・・可笑しすぎる!
うち、かなり広い範囲に親戚がいるんです(笑)。
 高岡の次に、青森を大差で私立同士とはいえ、大学の付属高校が破るなんて!

 ほとんどの意見は高岡商業と戦った時に書いたけれど、高校野球はもう、お金でスカウトできる私立は私立で、県立は県立での戦いをしたらどうかな?
それでも東海大菅生は大学の付属だからさらに有利みたいで。
もともとクラブチームにいたり入れるような選手たちがいる私立と県立が戦うことがシステム上無理という、地方全国の親御さんたちの声は届かないようで大したものです。

 まあ地方はプロに触れる機会がスポーツであろうとなかろうと少なく(音楽や演劇も同様)、そして、プロに教わる機会もなく、球場もドームのある都市とも違うし、まあよくやってます!
でも、チームプレイのスポーツは野球に限らず、県立が優勝や準優勝できない時代になってる!
私立でも付属とただの私立もこれだけの大差がつくし、地方と首都の落差も出てしまう!
なので富山県全体が、高校野球には冷めている!、しかし叔母さんたちの話を聞くと、青森や宮城も似たようなものらしい。

 野球やチームプレイのスポーツのみならず、おなじような理由で、演劇や音楽でも、地方は冷めている。
 まあそのかわり、実業家や文人やメディアのトップでスポンサー、なんていう人たちが、富山には多いですけどね(笑)。
高校野球を放送しているNHKもですよ、創始者は・・、そして新聞社とか、他局のテレビ局も・・。
 朝ドラにもなりました。

 関西の祖母のお友達も、高校野球については同じようなことを言われて来たのを、祖母の生前に聞いたことがある。
熊本にいた母の親戚も同様、今は大阪。
別に、皆で口裏を合わせたりしていないですけどね!

 

 

二上山よりTakaoka

f:id:Miraculous-Truth:20170818130046j:image

高岡は二上山、8月のお盆前に帰省し墓参り。

台風の影響で1日だけの雨とたまに夕方の夕立。

でも好天に恵まれ、夜中は涼しく、帰省した気分に。

これで、帰京後の翌日の夕立の事がなければ、最高だったのに!

 

二上山は、立山穂高ほど高くなく、ハイキングコースに、サイクリングコース、大友家持の銅像や鐘、花見の場所など墓参り以外にもよい場所です。

球場もあります!

 

 

Yokohama 赤レンガ倉庫

f:id:Miraculous-Truth:20170818125318j:image

 

7月の海の日よりもう暫く前、横浜赤レンガ倉庫に行きました。

景色はいいんだけど、もう二ヶ月近く東京、神奈川、関東はこんな天気で。

いつまで続くんだろう?

 

丸福Coffee店のコーヒーシュー

f:id:Miraculous-Truth:20170818124824j:image

 

丸福Coffee店のコーヒーシュー。

シュークリーム。

サークルKで、期間限定で手に入ったそうです、8月のお盆前に、実家で父が買ってきたものです。

また地方はファミリーマートにならないままの所があるようです。

 

祖父母の風鈴と・・

f:id:Miraculous-Truth:20170816013927j:image

 

風鈴、でも二つがぶつかりなるタイプ。

鈴が中でなるタイプではありません。

実はここは実家の母屋、祖父母の部屋だった場所。

懐かしく暖かく安らぐ場所、今回は本当は、私一人で昨日ぐらいまでいたかったけど、叶わなかった・・。

一人でいた三泊のうち、二泊が束の間のまぼろしのようで、写真みてため息つきます。

このあと予想はしていたけど、予想以上の辛いでき事が待っていた。

亡くなった祖母と、母も気がついてる、私も予想してた。

分かっていたけど、予想以上だった。

 

あの年この歌とアルフィーのライブについて

今夜の坂崎さんの回、ムード歌謡。
長崎は今日も雨だった前川清さんほか。
嫌いじゃないが、私より祖父母が喜んでいた内容だった。
よく一緒に聞いた。
坂崎さんも言われていたが、子供の頃はあの世界は分からない。

 

それと、先日他界された平尾昌晃さん、他の番組でもこの前目にしたけど。
まあrockabilly先駆者でもあり、好きな歌もあったけど、宝塚の歌も作られてるし、でも本来すきなジャンルではないが、家族がすきだったから、テレビやラジオでかかっていたら、懐かしんで聞くことはある。

 

坂崎さんや高見沢さんの、本来の路線じゃない気は確かにあります。
最近ムード歌謡やGSづいてますが、本来、アルフィーは、フォークから発展したロックバンドです!


まあ平尾昌晃さんは遠からずですが、近くもないかな?でも、まだ近いです。

念のため、テレビのあの年この歌や、レギュラーラジオの特にNHK-FM終わらない夢のイメージは、アルフィーのライブとは大分違います。